Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トランプの絵札の顔の向きには決まりがあった!スペードのエースだけマークが大きい訳は?

トランプ

トランプのマークは、ハート・ダイヤ・クラブ・スペードの4種類ですが、実はそれぞれに意味があって、絵札(ジャック・クィーン・キング)の顔の向きとの組み合わせもそれぞれ決まりがあるそうです。

また、スペードのエースだけ中央の絵柄が大きいのにも意味があるようです。

ハート・ダイヤ・クラブ・スペード マークの意味は?

それぞれのマークの意味は・・・

マークの意味

ハート=愛、ダイヤ=お金、クラブ=学問、スペード=死を意味するそうです。

そして絵札の顔が向いている向きには・・・

ジャックの絵札を見てみると

ジャックの絵札

マークの方を向いている顔の向きがそれぞれ違います。

ジャックは若い男性を意味しますので・・・
ハート(恋愛)は大好きなのでマークをしっかり見ています。
ダイヤ(お金)にも興味があるのでハートよりは強くはありません。
クラブ(学問)はあまり好きではないので、顔をそむけていますね。
そしてスペード(死)は一番嫌いです。なのでしっかりと拒否するように顔を反対方向に向けています。

クイーンの絵札

次にクイーンですが、クイーンは年配の女性を意味しています。
愛とお金、学問にも興味はありますが死にはやはり拒否反応を示しているのがわかりますね。

キングの絵札

最後にキング。キングは年配の男性です。
特筆すべきはお金が大好きという事でしょうか?
若いころは興味のなかった学問にも少しは興味を持つようになるようです。

スペードのエースだけ中央のマークが大きい意味は?

スペードのエースだけ、カード中央のマークが複雑なデザインで大きな図案だって不思議に思ったことはありませんか?

スペードのエース

起源は17世紀にさかのぼるそうです。

ジェームズ1世およびそれに続くアン女王の時代、スペードのエースにはその印刷所の記章を印刷すべしとする法律が定められた。チャールズ1世がイングランドに導入した印紙税は、1711年にはアン女王によってトランプにも適用されることとなり、これが1960年まで続いた

この期間を通じて、さまざまな方法により印紙税が支払い済みであることを示した。1712年以降はセットのうちの一枚(通常はスペードのエース)に捺印することで示した。1765年、捺印は廃止され、印紙局が公式に印刷した、イギリスの国章をあしらったスペードのエースに変更された。 1828年、印紙用スペードのエース(通称「オールド・フリズル」)は、1シリングの印紙税が支払い済みであることを示すために使われた。

引用元

印紙税を支払い済であるという証明として使われていたみたいですね。
実は日本でもつい最近までトランプには税金がかけられていました。
カード一組について60円が一律間接税としてかけられていましたが、1989年に消費税が導入された際に廃止となりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク