Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

黒木華主演 2016春ドラマ「重版出来!」のストーリーとキャスト

重版出来

2016年4月よりTBSにて毎週火曜22時~放送予定のドラマ「重版出来」(じゅうはんしゅったい)に関しての情報をまとめていきます。

2016/2/3 スタッフ&キャストを更新しました

原作

原作は月刊スピリッツ連載中の「重版出来!」(既刊6巻:記事作成時)
原作者は、松田奈緒子(まつだなおこ)さんです。
松田奈緒子さんのプロフィール

アシスタント生活7年後、「コーラス」(集英社)にてデビュー☆ 代表作は『レタスバーガープリーズ.OK,OK!』『少女漫画』『えへん、龍之介。』他。趣味は、猫愛でと歌舞伎鑑賞。

引用

ストーリーは

漫画を売る情熱。全ての仕事人に捧ぐ、出版業界骨太チーム戦記!!

「週刊バイブス」の新人編集者・黒沢心が味わう漫画リアル奮戦記。編集者から書店員までのチームで漫画を仕掛ける戦略、矜持、涙、興奮…。本気の醍醐味、極上の元気をあなたに贈ります。
1冊の単行本の誕生に関わる「作るひと」から「売るひと」までの骨太人間ドラマ!!

主人公の黒沢心は大学時代柔道の日本代表選手でしたが怪我のためオリンピック金メダルの夢を諦め、出版社に就職します。そして「週刊バイブス」に所属し漫画編集者の道を歩みます。

公式サイトでのストーリー説明

柔道一筋で元五輪代表候補だった主人公・黒沢心(黒木華)は、新卒で大手出版社・興都館(こうとかん)に入社。週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属された。
待ち受けていたのは個性的な編集部の面々。
心は、先輩編集者・五百旗頭(オダギリジョー)のもとで編集のイロハを学ぶ。
連載担当漫画家との打ち合わせ、新人漫画家の発掘、担当漫画の単行本の部数決定会議、重版出来(じゅうはんしゅったい)させるための地道な活動を目にすることで、この世界に魅せられていく。
「私も重版出来させたい!」
意気込む心だが、出版業界の現実は決して甘くない。電子書籍化が進み、紙が売れない今の時代。部数が低下すれば廃刊に追い込まれるし、単行本は3巻までに火をつけなければ厳しいと言われている。
ときに時代に取り残された漫画家の再起を考え、営業担当と共に一冊の漫画を売るための秘策を考える。それでも編集部に襲い掛かる難題の数々。
看板漫画家の突然の引退宣言、そしてライバル誌「エンペラー」からの引き抜き話。
そんな逆境を乗り越えて心ら編集部は、全てをかけて青年誌1位を目指す!

引用元(公式サイト)

ドラマ版のストーリーとキャストについて

現時点でわかっている情報は・・・

主演は黒木華さん

確定情報ではありませんが、主演は同TBS系列のドラマ「天皇の料理番」で好演された黒木華さんの模様です。
NHKの連続テレビ小説「純と愛」でテレビデビューし、2016年は大河ドラマ「真田丸」にも出演が決まっている旬の女優さん。
原作第一話で「クマ」と称される主人公のイメージとはちょっと違いますが、可憐な中にも芯の強さを感じさせる黒木さんの演技に注目ですね。

ストーリーは?

普段見ることができない出版業界の裏側や、作家と編集者のやりとり、関係性などを描く業界裏話暴露物?という感じになるのでしょうか?
主人公が体育会系ということもあって熱いヒューマンストーリーとしても期待が持てますね。

キャスト&スタッフ

キャスト

  • 黒沢心役:黒木華
  • 五百旗頭敬役:オダギリジョー
  • 小泉純役:坂口健太郎
  • 壬生平太役:荒川良々
  • 三蔵山龍役:小日向文世
  • 高畑一寸役:滝藤賢一
  • 成田メロンヌ役:要潤
  • 中田伯役:永山絢斗
  • 沼田渡役:ムロツヨシ
  • 久慈勝役:高田純次
  • 安井昇役:安田顕
  • 和田靖樹役:松重豊

個性派ぞろいですね。旬の役者さんも多くて力が入っているのが分かります。

スタッフ

原作:松田奈緒子「重版出来!」(小学館「月刊!スピリッツ」連載中) 
脚本: 野木亜紀子
演出: 土井裕泰ほか
プロデューサー:那須田淳、東仲恵吾、八尾香澄 (C&Iエンタテインメント)

重版出来の読み方は「じゅうはんしゅったい」○ 「じゅうはんでき」×

重版出来は、「じゅうはんしゅったい」と読みます。
その意味は・・・

重版(じゅうはん)は、初版と同じ版を使い、同じ判型・装幀にて刷り直すこと。 重刻(じゅうこく)または再版(さいはん)ともいう。「 増刷・重刷」とほぼ同義。 重版が出来上がってその書籍が販売されることを「重版出来」(じゅうはんしゅったい)という。

ただし、書店業界からは、慣例で「じゅうはんでき」と読むという声もあがっています。

まだまだ情報が少ないのですが、新たな情報が出次第更新していきます。

放送前に原作マンガを読んで待つのも良いかな?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク