Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

<パズドラ>パズドラモンスターで学ぶ古事記2 天岩戸に隠れるアマテラス

アメノウズメ

イザナギから生まれた、アマテラスとは天照大御神のことです。
伊勢神宮(正式な名称は、神宮)の御祭神で皇室(天皇家)の祖先で日本国民の総氏神とされています。
今回は、そのアマテラスと弟のスサノオノミコトの物語をご紹介します。

これよりも前の物語「日本の誕生」はこちらを御覧ください。

暴れ者の問題児スサノオ

イザナギが黄泉の国から戻った後の禊(みそぎ)で生まれた三兄弟のうち、アマテラスは天上(高天原)、ツクヨミは夜の国、スサノヲは海を治める事になりました。
ところが、スナノオは務めを放棄して泣いてばかりいました。そのため地上には災いが起こります。

スサノオノミコト

イザナギが理由を聞くと、スサノオは「(根の堅州国にいる)母に会いに行きたい」と言います。
そんなスサノオをイザナギは勘当してしまします。

スサノオはそれでも初志を貫徹しようとし、姉のアマテラスに別れを告げるため高天原をたずねるのですが・・・

天岩戸に隠れるアマテラス

ところが、スサノヲは嵐神・暴風雨の神という性格も持っており、歩くだけで大地が揺れ風邪が吹き荒れたため、それを見たアマテラスは弟が自分の国を奪いに来たのだと誤解します。

弟を問いただすアマテラス

アマテラス

それに対してスサノオは身の潔白を証明するために、お互いの子を生むことを提案します。

ここがちょっと理解が難しい箇所ではあるのですが・・・

スサノオはアマテラスの疑いを解くために、宇気比(誓約)をしようといった。二神は天の安河を挟んで誓約を行った。まず、アマテラスがスサノオの持っている十拳剣(とつかのつるぎ)を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から以下の三柱の女神(宗像三女神)が生まれた。

次に、スサノオが、アマテラスの「八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠」を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から五柱の男神が生まれた。

これによりスサノオは「我が心清く明し。故れ、我が生める子は、手弱女を得つ。」と勝利を宣言した。

引用元

生まれた子供は、その持ち主の子だとアマテラスは判断し、アマテラスが生んだ子供がスサノオの子とし、それが女神だったために、スサノオは勝利した。と、いう事のようです。

うーん・・・難しいですよね。

問題はこの後で、勝ち誇ったスサノオが暴れまくってアマテラスの国を汚したのです。
その乱行を見たアマテラスは・・・

天岩屋に隠れるアマテラス

誓約で身の潔白を証明した建速須佐之男命(スサノオ)は、高天原に居座った。そして、田の畔を壊して溝を埋めたり、御殿に糞を撒き散らしたりの乱暴を働いた。他の神は天照大神に苦情をいうが、天照大神は「考えがあってのことなのだ」とスサノヲをかばった。
しかし、天照大神が機屋で神に奉げる衣を織っていたとき、建速須佐之男命が機屋の屋根に穴を開けて、皮を剥いだ馬を落とし入れたため、驚いた1人の天の服織女は梭(ひ)が陰部に刺さって死んでしまった。ここで天照大神は見畏みて、天岩戸に引き篭った。高天原も葦原中国も闇となり、さまざまな禍(まが)が発生した。

高天原は天上界、葦原中国は地上つまり日本ですね。

隠れてしまったアマテラスを何とか外に出すため、神々は策をねります。
まず、ニワトリを岩屋の前に集めてひっきりなしに鳴かせ、勾玉や鏡(これが三種の神器につながる)を捧げ・・・

アメノウズメ

アメノウズメ

が半裸になり踊ります。それを見た他の神々が大きな声で笑うと、アマテラスは外の様子を不思議に思い戸をほんの少し開けて外の様子を伺います。
すかさず、神々のうちの一柱がアマテラスの目の前に鏡をかざします。
鏡に映る自分の顔を見てもアマテラスは自分だとは気が付きません。

「自分が岩戸に篭って闇になっているのに、なぜ、天宇受賣命(アメノウズメ)は楽しそうに舞い、八百万の神は笑っているのか」と問うた。
アメノウズメが「貴方様より貴い神が表れたので、喜んでいるのです」というと、天児屋命と太玉命が天照大神に鏡を差し出した。鏡に写る自分の姿をその貴い神だと思った天照大神が、その姿をもっとよくみようと岩戸をさらに開けると、隠れていたアメノタヂカラオがその手を取って岩戸の外へ引きずり出した。

こうやって、高天原にも葦原中国(地上)にも光が戻りました。

さて、この一大事の原因となった、スサノオはどうなったのかというと

八百万の神は相談し、須佐之男命に罪を償うためのたくさんの品物を科し、髭と手足の爪を切って高天原から追放した

天上界から追放されてしまいました。

追放されたスサノオが向かった先・・・それは出雲(現代の島根県)
ここでヤマタノオロチの伝説が生まれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク